奥さん以外の女性とセックスしたいあなたへ

 

 

ご訪問ありがとうございます。
サイト管理人の磯金(いそがね)と申します。

このサイトは40代・50代のセックスレスに悩む男性を対象としています。内容としては、主に中年以降のおっさん世代が出会い系サイトでいかにしてセフレをゲットするかがテーマとなっています。

ですから、もしあなたが若い男性(20~30代)なのであれば、他のサイトを探したほうが時間の浪費にはなりません。

管理人は47歳のときに初めて出会い系サイトを利用し始めました。そして52歳になった今も現役でセフレ探しを実践しています。

このサイトではそんな管理人の実体験を基にした情報をたくさんアップしていきますので、今後40歳以上であるあなたがセフレをゲットするまでの過程において多少なりとも参考になれば幸いです。

 

「妻だけED」は他人事ではなかった!

 

それは私が46歳の頃だったでしょうか。

40代ともなれば、どこの夫婦でも夜の営みは若い頃と比べるとはるかに頻度が落ちるのではないかと思います。ひと月にせいぜい1回か2回あれば上出来なのではないかと思うのです。

それは私達夫婦も例外ではなく、当時はひと月に1回のこともあるし、3ヶ月何もないこともありました。元々妻が行為に対してあまり積極的ではなかったものですから、私のほうもついつい無理をしてでも・・・という気にはならなかったのです。

とはいえ、全く行為をしないのも寂しいですから、タイミングを見計らって妻の側ににじり寄るのですが、ある夜のこと、息子がピクリとも反応しないことに気付きました。

「どうしたのだろう?」と怪訝に思いながらも妻に覆いかぶさっていくのですが、意に反して息子はさっぱり硬くなってくれません。

後に分かったのですが、それが「妻だけED」の始まりだったようです。

 

妻だけEDとは

 

「妻だけED」というのは読んで字のごとく、奥さんに対してのみ息子が役に立たないことを指します。私の場合もまさにそれと同じ症状で、AVを鑑賞しながらの自慰行為では立派に用を成すのです。

初めて自覚症状があってからも何度か妻に挑んでみたのですが、せいぜい半勃ちくらいにはなるものの、彼女に対して硬く勃起することはありませんでした。

その原因を考えてみたのですが、「〇〇だから・・・」という明確な答えは見つかりません。しいて言えば、妻のたるんだお腹に幻滅していることが原因なのかなぁ?くらいでしたね。

 

こちらの深刻な悩みをよそに、妻は「あなたもやっぱり年には敵わないのねぇ。無理にしなくたってわたしは構わないのよ」などと人を小バカにしたようにニヤついていたのですが、私にとってはその言葉と態度がとても屈辱的に感じられたものです。

 

心の中では、

「おまえが相手じゃなければ俺だってまだまだ・・・」

そんな思いが、私を意外な方向へと走らせました。

 

久しぶりに妻以外の女とセックスしてみよう

 

正直言いまして、結婚してからの16年間、私は一度も妻以外の女性と不倫などしたことはありませんでした。もちろん風俗も含めてです。

職場の同僚達からも付き合いの悪い堅物と陰口を叩かれていましたが、決して過去に遊んだことがないわけではありません。

妻と結婚する30歳までに10人近くの女性と付き合ったことはあるのです。ですが、元来女性に対して惚れっぽい性格であるが故に、必要以上に女性と接することによって家庭を壊してしまう原因になるのではという恐怖心から浮気を封印していたのです。

しかし、こうして「妻だけED」となってしまった以上、このまま男であることを諦めてしまっていいのでしょうか?

 

答えは自ずと「No」です!

断固として「No」なのです!

その解決策として、私は出会い系サイトでセックスの相手をしてくれる女性を見つけようと思い立ったのでした。

 

なぜ出会い系サイトなのか?

  • 風俗:多少なりとも心が通った行為がしたいです。
  • 飲み屋の女:うーん。相当な運転資金が必要ですよね。
  • 社内や取り引き先の女性:アプローチに失敗したら社会的に致命傷となります。
  • 婚活サイト:それってルール違反ですよね。

やはり例えうわべだけでも心の触れ合いがほしいと思いました。

よって、こんな私でもまた会いたいと思ってくれるような女性を見つけたかったのです。

 

こんなじじいでも出会い系サイトでセフレを見つけられるのか?

 

とはいえ、果たして出会い系サイトにはこんな40代後半のじじいでも相手をしてくれる女性はいるのでしょうか?

おそらく同年代の諸氏であれば当然抱く疑問だと思います。

 

結果につきましては、このブログの各ページをご覧いただければ明らかです。何事も当たって砕けろの精神が大事だとつくずく感じた次第なのであります。

 

記事一覧はコチラ↓