出会い系サイトで主婦を釣り上げるコツを伝授します

出会い

出会い系サイトで釣れる既婚女性のほとんどが専業主婦やパートをしている主婦です。

管理人の場合、正規雇用で働いている既婚女性とはいまだかつてお目に掛ったことはありません。

それは説明するまでもなく、専業主婦やパート主婦なら平日昼間の時間がある程度自由になるからです。

もしあなたが、平日の昼間に浮気をする時間的な余裕があるのであれば、このような専業主婦やパート主婦をセフレにすることをオススメします。

そこでこのページでは、出会い系サイトに生息する主婦を落とすコツについてレクチャーしてみたいと思います。

 

人妻(主婦)は出会い系サイトに何を求めているのか

 

出会い系サイトに登録している人妻達はいったい何を求めているのでしょうか?

  • 欲求解消
  • 非日常感
  • 背徳感
  • 暇つぶし

おそらく、どれもが正解なのだと思います。

 

これはあくまで管理人の経験ですが、掲示板の書き込みやメールのやり取りの段階で、いくら「既婚者でももう一度トキメキたい!」などと少女みたいなことを言っていた主婦であっても、いざ実際に会ってしまえばランチしてセックスして帰るというパターンに落ち着きます。

出会い系サイトを始めてからこの5年間で、少なくとも40人以上の既婚女性とセックスする関係になりましたが、いまだかつて面と向かって「Hだけでなく普通のデートをしたい」などとおねだりされたことはありません。

彼女達は100%、ランチとホテルだけで満足して帰って行きます。

 

現在の管理人は、本命の彼女1人と呼び出せばいつでも来るセフレが1人、そしてたまにサイトでつまみ食いという状況ですが、セックス目的以外で純粋にデートしたのは本命の彼女と近場の観光地に2~3度行ってお泊りをしたくらいです。

セフレに至っては、単にホテルへ行って「またね~」といった感じです。

これらの経験から、主婦のなかでは「建前」と「本音」は別なんだなということが良く分かりました。

要するに、出会い系サイトで出会った既婚女性に対しては、旦那さんで満たされていないセックスを満足させてあげれば事足りるということです。

逆に言えば、セックスがヘタ、あるいはおざなりな男性はすぐに捨てられるということを肝に命じてください。

というのは、初めてホテルで肌を合わせた際に、「この女性とは相性がよくないなぁ」という印象だった相手からは、ほとんどの場合二度目のお呼びが掛らなかったからです。

 

面接するまでは建前が重要

前述のとおり、主婦達が出会い系サイトを利用する目的は、つまりは「満足のいくセックス」であることは分かりました。

しかし、出会い系サイトで主婦を釣るまでのプロセスにおいては、セックスが強い、または上手であるというアピールは全く必要ありません。

なぜなら、初回のセックスをするまでの彼女達にとって重要なことは、あくまでも「建前」であって「本音」ではないからです。

「セックス」そのものが重要になるのは、実際に会ってからです。

では、「会う」ためには具体的にどうすれば良いのでしょうか?

それは、とにかく「相手女性の話を聞くこと」です。

これ以外に重要なことはありません。

極論を言うと、「女性の話をただひたすらに聞く」ことが自然に出来る男性は主婦と簡単にヤレます。逆に、女性のグチや相談に対して「アドバイス」をする男性は嫌われます。

彼女達は単に自分の話を聞いてほしいだけで、決してアドバイスを求めているわけではないからです。

 

面接前の会話(メール)はどのようにすれば良いのか

 

では、面接に漕ぎつけるまでのメールのやり取りはどのようにすればいいのでしょうか?

答えは簡単です。

前述したとおり、女性は自分を理解してほしいということを覚えておきましょう。

特に結婚している女性は、旦那さん以外との異性と触れ合う機会が少ないため、
旦那さん以外に何でも話せる男性の存在は貴重です。

どんな主婦でも、旦那さんに対する不満や秘密のひとつやふたつはあるでしょう。そういった内緒の話を引き出してあげることがポイントとなります。

そんな秘密の話を引き出すことによって、あなたは旦那さん以外の「唯一の男」というポジションに座ることが出来ます。

女性には女同士でも話せない事は意外とありますので、もしそういった話を引き出すことが
出来たなら、その主婦とはホテルが近いと思って差し支えありません。

 

主婦の秘密を引き出すには

しかし、出会い系サイトで知り合って間もない時点では、いくらネット上だけの付き合いとはいえ、そう易々と秘密話を打ち明けてくれるはずがありません。

そこで、先に自分の秘密を相手に打ち明けることが重要なテクニックとなります。

もちろん、その秘密は「架空の話」で構いません。

管理人がよく使う話題としては、「もしかすると次男は自分の子ではないかもしれない」という悩みを打ち明けます。

すると、「それって奥さんが浮気して出来た子どもってこと?」と、非常に興味を持って食い付いてくれます。

今までいろいろな架空話を振ってみましたが、最も話が弾んだのがこの話題でした。すると、相手の主婦も「実はねぇ・・・」と打ち明け話を始めることが多かったですよ。

このようにして、その女性との距離が縮まっていくのです。

 

業者ではない素人主婦を見つけるには

 

出会い系サイトには金銭目的ではない女性もたくさんいるのですが、「お金がほしい」というセミプロ(売春目的)の女性や援デリ業者の女性も集まっています。

それに対し、男性はできればお金をなるべく掛けずに思い切り射精したいという目的があります。

このように、お互いの目的が異なっている以上、男と女の間にはそれぞれの目的を成し遂げるための化かし合いや駆け引きが生じます。

それが出会い系サイトというものです。

 

管理人が思うには、出会い系サイトで成功する人とそうでない人の違いというのは、この化かし合いや駆け引きを楽しめる余裕があるのか、それとも頭の中が「とにかくやりたい」という欲求で一杯になっていて精神的な余裕がないという状態なのか、この差が一番大きいような気がしています。

 

もしあなたの頭が「とにかくヤリたい!」という妄想で一杯になっているとしたら、素直にお金で解決すればとりあえずは目的が達せられるでしょう。

しかし、少しでもいいオンナを抱きたいと思ったり、さらには相手を彼女やセフレにしたいと願うのであれば、やはり精神的な「余裕」は絶対に必要です。

精神的な余裕がない状態で出会い系サイトを利用すると、いとも簡単に「援助交際」や「援デリ業者」のエジキになってしまうでしょう。

 

管理人がメインで使っている出会い系サイトには出会いの目的別に相手を検索する機能があるのですが、とにかく「やりたい」気持ちが強すぎると「スグに会いたい」「今から遊ぼう」「エロトーク」「アブノーマル」など、こういったアダルト色が濃い目的を持っている女性の中から相手を選ぼうとします。

当然、こういったジャンルには援交目的の女性や業者が潜んでいる確率が高いのはお分かりでしょう。

一方、精神的な余裕があれば、会うことに遠いジャンルから相手を探すことが出来ます。例えば、「メッセージ交換」や「趣味友達」「H目的お断り」などを目的としている女性です。

一見すると「会えそうにない」ようなイメージがありますよね。確かに全く会うつもりがない女性も登録しているでしょう。

しかし、前述したように女性には「本音」と「建前」がありますから、本当は男性と会ってみたいと思っていても、あくまで建前として「会うことが目的ではない」とアピールしているに過ぎません。

事実、管理人が面接した既婚女性の半分以上が「会うことが目的ではない」女性達です。「H目的お断り」で検索した女性でも片手以上はセックスに持ち込めているのですから。

 

どのような口実で面接まで誘い出すのか

 

相手は専業主婦かパート主婦ですので、もし会えるとすればほとんどの場合が平日の昼間です。
さらに、土・日・祝日、夏休みや冬休み期間中はほぼNGです。

年齢は30代後半から40代前半ですので、小・中学生の子どもがいることが多いものですから、
遅くとも夕方4時過ぎには開放してあげなければなりません。

ですから、会えるのは午前11時頃から午後4時頃までとなります。

すると必然的に、「ランチ&セックス」というパターンに収まってしまうのです。ただ、4時間もあれば食事をしてもじっくりとセックスが楽しめますよ。

 

面接のための誘い方としては、特別なテクニックなど不要です。前述したように、お互いにメールで秘密を打ち明けられる関係にさえなっていれば、ある日、相手女性の方から「会ってみたいね」と言い出すことも多いです。

ただ、自分から誘える性格の女性ばかりではありませんから、やはりこちらからリードしてあげたほうが良い結果が出ます。

方法としては単純に、「おいしい〇〇のお店を見つけたから今度ランチでも行ってみませんか?」という感じでOKです。

本当は、あなたからのこのような誘いを待っていることがほとんどです。

 

下記は管理人がメインで使っている出会い系サイトですが、若い子よりも主婦層が多いサイトなので、あなたにはピッタリのサイトだと思います。