出会い系で知り合った既婚女性と長く付き合う場合の注意点

バレない不倫

奥さん以外のセックスパートナーがほしいと願っている男性はとても多いようです。

管理人は、自分も浮気するようになってから、いろいろな不倫関係のサイトを興味本位で覗いたり、浮気系の本を購入してまじめ(?)に不倫についての勉強をしたものです(笑)

 

何冊か購入したうちの一冊「大人の不倫学」に書いてあったのですが、

 

なんと、

  • 既婚男性の74%
  • 既婚女性の29%

が、不倫経験者であるというデータを早稲田大学国際教養学部の森川教授が示していました。

何ともすごい数字ですよね。

 

うちの奥さんは近所の奥さん連中としょっちゅう我が家でお茶会をやっているようですが、そんな奥さん達のうち、3人に1人は浮気経験者かもしれないという事実。

もしかすると、うちの奥さんも不倫をしていた(いる)かもしれないわけです。

 

それほど多い既婚女性の浮気ですが、そうなってくると自分の奥さんの浮気を疑っている旦那さん達も多いわけで、もしかするとこれから近い将来、自分の浮気相手になるであろう既婚女性がすでに旦那さんに目をつけられている可能性もありますね。

 

そこで今回は、既婚女性と付き合う場合の注意点についてレクチャーしてみようと思います。

 

既婚女性はなぜ不倫したくなるのか

 

利用してみて分かったのですが、実際に出会い系サイトで不倫相手を募集している女性の約8割は既婚者です。

私自身、世間に「不倫」は掃いて捨てるほどあるとは思っていたものの、まさか既婚女性にこれほど不倫願望があるとは思ってもみませんでした。

出会い系サイトには、それほど不倫願望を持つ既婚女性があふれています。ですから、あなたにもいくらでもチャンスがありますので、出会えるかどうかという点においては期待しても大丈夫です。

ただし相手は既婚者ですから、付き合うためには注意しなければ痛い目に遭います。

そこで今回は、出会い系サイトで知り合った既婚女性と付き合う際の注意点について述べてみたいと思います。

 

既婚者がパートナー以外とセックスをする理由については、ネットで調べればいくらでも出てきますので詳細は省きますが、要するに世の中にはパートナーに対して精神的、あるいは肉体的に満足していない既婚者が多いということです。

パートナーに満足していない人は男女関係なく不倫します。ただし、いくらパートナーに満足していない人であっても、倫理観がかなり強い人や元々セックスがあまり好きではない人は不倫しないでしょう。

管理人は出会い系サイトで知り合った既婚女性には、必ず旦那さんとの夫婦仲について(セックスの内容も)探りを入れていました。

その理由は、彼女達の心のスキマを上手に埋めてあげるためです。

浮気したい気持ちになっている彼女達に共感してあげることによって、二度目、三度目と継続して会ってもらいやすくなるのです。そのために役立つ情報は、多いに越したことはないですからね。

するとやはり旦那さんに対するグチがどんどん出てきます。良いところももちろん教えてくれますが、悪いところはその倍くらい出て来る感じです。

 

例えば、

  • 優しすぎて頼りない
  • 釣った魚にエサを与えてくれない
  • 家庭に無関心
  • 奥さんに無関心
  • 育児に参加しない
  • 仕事に熱心で家にいない
  • (旦那が)浮気しているかもしれない
  • 稼ぎが悪い
  • 暴力をふるう
  • ギャンブル漬け
  • セックスを拒否される
  • 自分だけ逝って自己満足してる
  • 早漏で物足りない

相手のグチをじっくり聞いてあげることによって、旦那さんの性格面、経済面、セックス面など、いろいろな不満が噴出してきます。

そういう悩みに対して「それはひどいね~」「かわいそうだね~」などと共感してあげることによって、その既婚女性はきっと居心地がよくなるのでしょう。高い確率で次回も会ってくれるようになります。

 

同じ既婚女性と複数回会う場合の注意点

 

さて、ここからは既婚者と不倫する場合のリスクとそのリスクを回避するための方法を具体的にお話していきたいと思います。

既婚者と不倫するリスク

既婚女性とセックスをしたという証拠を相手の旦那さんに握られてしまうと慰謝料を請求される可能性が生じます。

たとえ出会った場所が出会い系サイトであろうと、相手が既婚者であると知りながら性交渉を持ってしまうと相手の旦那さんにはあなたに慰謝料を請求する権利が生じてしまうのです。

慰謝料の相場としては、1度の性交渉で30万円から50万円。2度目以降で不倫の継続性があると認められる場合は100万円以上。

そして、相手夫婦が離婚することになった場合は300万円以上と、金額がグンとハネ上がってしまいます。

 

「いやいや、出会い系サイトの主婦と1度くらいセックスしたって旦那にバレるわけないでしょ?」と思うかもしれません。

しかし考えてみてください。

そもそも出会い系サイトで遊んでいるような女性ですよ? あなた自身は相手女性と初めてセックスしたのかもしれません。しかし、相手女性はこれまでにいったいどれくらいの男とサイトで知り合い、セックスしてきたか分かったものではないのです。

もしかすると、すでに相手女性の旦那さんは探偵を雇っていて、今も奥さんをマークしているかもしれません。

そんなタイミングで、偶然にも網に掛ったのがあなただとしたら?・・・

 

セックスした証拠を残さないためには?

仮に相手の旦那さんから慰謝料を請求されたとしても、その支払いを回避する方法があります。ポイントとなる点は次の2点です。

(1)相手女性が既婚者であることを知っているという証拠を残さない

慰謝料を請求される要件のひとつは「既婚者であることを知りながらセックスした」ことです。

とすれば、相手が既婚者であることを知らなかったと主張できるような状況にしてしまえば、あなたは慰謝料の支払いを回避することが可能です。

ではそのための工作はどうすればいいのでしょうか。

私の場合は次のような手を打っていました。

  • 出会い系サイトの相手のプロフィール欄を「既婚」ではなく「未婚」に変更してもらう
  • メールやLINEのやり取りのなかで、相手が「結婚している」ことが分かるような会話を避ける
  • 結婚していることが分かるような内容を既に書き込んでしまった場合はすぐに削除してもらう

これを心がけているおかげか、未だに相手女性の旦那さんに浮気はバレていないようです。

 

(2)一緒にラブホテルに入らない

もうひとつの慰謝料を請求される要件は「セックスをしたという直接的、または客観的な証拠」です。

「直接的」「間接的」という表現では何のことか分かりませんので、具体的に説明しますね。

セックスをしたという直接的な証拠は、例えば「セックスをしているところを旦那さんに目撃され、写真などに撮られた」です。

「目撃された」だけでは証拠になりません。仮に裁判になった時に、あなたが「旦那さんはウソをついてます」と言ってシラを切った場合、旦那さんにはそれを覆す証拠はありませんから。

ですので、画像や映像、音声で残されないように注意することが重要です。

 

次に間接的な証拠ですが、

ラブホテルに一緒に入るところ、一緒に出て来たところを撮影されることです。これも「撮影」が重要です。旦那さんの目撃だけでは証拠にはなりません。

 

整理すると、

ラブホには一緒に入らず、一緒に出て来ないことが肝要です。

シティホテルの場合は、ホテルの玄関への出入りは無問題です。レストランやラウンジに行く可能性もあるからです。シティホテルで問題になるのは、個室への一緒の出入りです。

それさえ気をつければ証拠を確保されることはありません。

ちなみに私の場合、ラブホへ行く時には私の車で行っていましたが、彼女を車に乗せる前にショッピングセンターなどのトイレで私が用意したデート専用の服装に変装してもらっていました。

帽子とサングラス、そしてマスクを着用すれば相手が誰なのか判別不可能ですから、仮に一緒にラブホへ入った映像があっても不貞行為の証拠にはなりません。

 

まとめ

 

さて、あなたはこの記事をお読みになって「既婚者との不倫はなんだかとても面倒だなぁ・・・」とお感じになったでしょうか?

確かに面倒ですよ。それに、相手女性も最初は面倒がって拒否することも少なくありません。

ですが、無防備な不倫はいつかバレるものです。

こちらがいくら神経質になっていても、相手女性に危機感がなければ旦那がいつかは感づくのです。

万が一確固たる証拠でも取られてしまったらウン百万円の慰謝料ですよ? 相手の家庭のみならず、もしもあなたにも家庭があって子どもがいるのなら自分の家庭も崩壊です。

用心するに越したことはありません。

 

そんな危険を冒しても、不倫はとても魅惑的な密の味がするのです。

 

関連記事▼

相手の旦那さんに浮気がバレるのも問題ですが、自分の奥さんにバレでも大問題です。
そこで、奥さんにバレない方法をまとめてみました。こちらの記事もぜひ参考にしてください。

奥さんに浮気がバレる5つの原因とその対処法

 

 

コメント